EVENT

記事「日本の伝統とTAPダンスの融合「Tap in 能楽堂 2018」9月22日公演!」の画像

日本の伝統とTAPダンスの融合「Tap in 能楽堂 2018」9月22日公演!

 
ニューヨークやロサンゼルスを拠点に30年間にわたってアメリカン・ショービジネスに生きた「Tony Masa(トニー・マサ)」が、名古屋能楽堂の舞台で2014年・2015年・2016年と公演し、2年ぶり4回目となる公演が2018年9月22日に開催されます。
 

image

音とダンスで若者から年配者まで楽しめる!

今回開催されるのは「TAP in 能楽堂 2018 BWN-第11章」で、内容としては、日本伝統の和太鼓や三味線、箏と言った楽器と、TAPダンスを融合させ表現するもので、趣向を凝らした演出やユーモラスなトークも魅力となっています。

共演者にはダンス界のレジェンド「Cleveland Moses Jr.」、三味線を担当する加藤訓音、フルート担当の松野健、箏担当の杉浦充、ダンサーNoricoなどがおり、音とダンスで若い人はもちろん、年配の方まで楽しめるようになっています。

「TAP in 能楽堂 2018 BWN-第11章」
2018年9月22日(土)
名古屋能楽堂
開演 16:00 (開場 15:30)
前売りチケット価格:¥7,000
チケット販売開始:2018年5月1日(火)13:00~
※チケットは名古屋市文化振興事業団 チケットガイド 052-249-9387(平日9:00~17:00)でもお求めいただけます。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1462887468GXgPDNgJ

 

ダンサー、トニー・マサとクリーヴランド・モーゼス・ジュニアって?

 
【TONY MASA】
渡米後、アメリカの永住権を獲得しニューヨークやロサンゼルスを拠点に30年間アメリカン・ショービジネスに生きる。
 
1512444393
 
◆プロフィール
トニー・マサ/Tony Masa
東京都出身
日本テレビ「全日本ディスコ大賞」で優勝後、1980年に渡米。 ミュージカルの本場ブロードウェイの舞台「Give My Regards To Broadway」をはじめとする数々の経験を経て、ハリウッドへ渡り TV・映画・CM など全米で30 年間活躍。
全米日本人向け CM では全日空を始め 60 本以上に出演。映画ではロビン・ウイリアムスとも共演。NHK「エンタメ From ロサンゼルス」においては 2 年間メインキャスターを務め、シンディ・ローパー、バン・へイレン、ジム・キャリー、Kiss、など多数のハリウッドレジェンドと共演。帰国後は舞台『Broadway Night?』など独自のステージを行うかたわら、和と洋 を融合した舞台『TAP in 能楽堂?』を定期的にプロデュース、主演。さらにアメリカンエンターテイメントの知識と経験を凝縮した【ハリウッド・メソッド】【深層体幹トレーニング】を確立。企業向けの講演会や一般開放クラスで発信中。

◆主な経歴
・1979年、日本テレビ「全日本ディスコ大賞」全国大会で優勝
・1980年、渡米
・1982年、アメリカ永住権取得
・1986年、NYにてブロードウェイミュージカル「Give My Regards To Broadway」で俳優デビュー。
コミカルな刑事役、舞台回しを務める重要な役に抜擢
・1989年、「プロ・スポーツ・ファニエスト・プランクス」出演(スポーツ選手相手のバラエティ番組のキャスター役)
・1990年、映画「キャデラックマン」出演
・1991年、映画「ザ・ハードウェイ」出演
・1993年、LA移住
・1994年、舞台   「A Human Catalog Vol.1-One Man show-」企画、演出、主演
・1995年、96年と2年連続で全米プロ・アマチュア大会INラスベガスにおいてプロTAP部門及び出演グループの振付部門で優勝カリフォルニア ダンス センターでは子供から大人まで幅広く 受け入れるTAPクラスを開校。
TLCや歌手ブランディを含む弟子の人数は800人に上る。また、ロスで週1回、コメディストアでスタンダップコメディを公演
・1997年、映画「コンタクト」出演、舞台「ナガサキ・ダスト」 振り付け担当
・1999年、全日空CM出演(全米日本語チャンネル)
・2000年、舞台「A Human Catalog Vol.2-あぁ竹ノ塚-」企画、演出、主演 同年、トーレンスにてTAPクラス開校
・2003年、アニメ映画「シンドバッド 7つの海の伝説」英語版出演
・2010年、帰国
・2013年、名古屋千種文化小劇場「Broadway Night®」企画、演出、主演
・2014年、名古屋能楽堂「TAP in 能楽堂®」企画、演出、主演
・2015年、名古屋能楽堂「TAP in 能楽堂®」企画、演出、主演 
・2016年、名古屋能楽堂「TAP in 能楽堂®」 企画、演出、主演 大須演芸場TAP&トーク企画
「ザ・SHOWテン-Broadway Night第8章-」 企画、演出、主演
高田馬場 音部屋スクエア「東京イヴ2016」
企画、演出、主演 
・2017年、富山県民小劇場オルビス「Broadway Night?北陸2017」
身長:175㎝ 体重:65㎏ B:93㎝ W:79㎝ H:94㎝ 靴のサイズ:26.5
(参照:https://www.t-ep.net/tony-masa-プロフィール-profile/

 

【Cleveland Moses Jr. 】

1974年~4年間 伝説のTVショー『Soul Train』でレギュラーダンサーを務める。
TVで初めてPOP・「Electric boogaloos」を紹介。、Waackの名付け親「The‘Out
rageous’Waack Dancers」をJeffrey Daniel ・ Tyrone‘The Bone’Proctor ・ J
ody Watley らと結成し、「Waack」を広めるなどストリートダンスの普及に尽力。
Michael Jackson ・Shalamarなどのバックダンサーを経て1978年ストリートダン
サーとしては初の来日を果たす。POPやLOCKなどのOld Schoolを日本人ダン
サーらに初めて正しく広めた日本のダンスシーンの功労者。以後 日本に住み
TV出演 CMの振付・出演 ジャッジ等の活動をする傍ら2007年 大阪市都島
区に『Dance Studio Body&Soul』を開校し、更なるダンスの普及に努めている



◆主な経歴
USA:カリフォルニア ダンスコンテスト 優勝

サンディエゴDISCO「GAP」ファッションショー 出場・優勝
TV-SHOW「SOUL TRAIN」 レギュラーダンサー
ジャクソンズ バックダンサー
シャラマー 全米ツアー ダンサー
マイケル・ジャクソン  バックダンサー
映画「Can’t To Stop The Music」 出演
JAPAN: TV 「とんねるずのみなさんのおかげです」
「めざましどようび」
「よ~いドン!(となりの人間国宝さん)」

「ごきげん!ブランニュ」CM 
「SONY」 「ビクター」 「パナソニック」

「CHO-YA」 「京阪モール」

RANKING

  • ALL
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GROUP STUDIO

DANCE WORKS
REi
ANGEL R