REPORT

記事「振動でダンスを踊る? ダンスをもっと楽しめる新ツールが誕生!」の画像

振動でダンスを踊る? ダンスをもっと楽しめる新ツールが誕生!

  振動で音を感じる新システム誕生! 

2018年4月28・29日に幕張メッセで開催され、動員数16万人超えと、過去7年間の最高動員数を更新した「ニコニコ超会議2018」。
日本電信電話株式会社は、NTTブース「NTT超未来大都会 – NTT Ultra Future Peta City」を出展し、最先端の技術の研究成果のデモンストレーションやイベントの1つとして行われたのが、耳の聞こえないダンサーが音楽に合わせた振動で踊るというもの。
「Sync-pulse 振動で踊ってみた」と名付けられたそのプロジェクトは、ウェアラブル(※)のデバイスにより音楽に呼応した振動信号を体感するという、ダンスに特化した全く新しいシステムを開発している。
※身につけて持ち運べるコンピューターのこと

Sync-pulseシステムの説明をしよう。
音楽に合わせて設定された振動が、「非可聴音」(人には聞こえない周波数の音)を通して信号としてダンサーの持つスマートフォンに送られる。そのスマートフォンと接続されたデバイスをダンサーが体に身につけることによって、振動を感じとることができ、振動によってここの音でアクセントを取るといったことがわかる仕組みだ。
音楽に合わせて踊るために作られた振動は、リズムを強調したり、振りやメロディに合わせて作ることもできる。同じデバイスをつけて複数人が同時に振動信号を受け取れるため、聴覚障害者でも音に合わせて団体でのダンスが可能だ。

 

Sync-pulse を使って実際に踊ってみた!!

この日、パフォーマンスを披露したのは、感音性難聴(骨伝導が適用できないタイプの聴覚障害)を持つプロダンサーの鹿子澤拳さん。
DSC03576
 
DSC03582
金小澤さん(中央)が胸につけているのが、スマートフォンと連動しているデバイス。ここから振動が伝わる仕組みだ。
 
金子澤さんは、『千本桜』の曲に合わせて、見事なダンスを披露。リズムの早い楽曲だが、そのリズムや曲の抑揚を見事に表現し、音が聞こえないなんて感じさせない金子澤さんのダンスが、Sync-pulseの可能性を大いに物語っていた。
 
実際の金子澤さんのパフォーマンスがこちら!
鹿子澤拳(かのこざわ けん)/プロフィール
生まれつき聴覚に障がい(感音性難聴)がある。幼い頃からダンスに興味があり、高校 1 年より少女時代等 の k-pop の分野で踊ってみたを始める。ストリートダンス歴(Lock / Hip Hop)4 年。2017 年、東京2020 公認文化オリンピアード SLOW MOVEMENT Next Stage ショーケース&フォーラム「聞こえなくても、 聞こえても(ダンス劇)」 / ヨコハマ・パラトリエンナーレ 2017 空中パフォーマンス(エアリアル) / Rock Carnival ミュージカル 2017 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ:「夏の夜の夢」。2018年、アジア太平洋障害者芸術祭「TRUE COLOURS FESTIVAL」BOTAN x DAZZLE メンバーとして出演。
 

ダンスはもっと楽しく、もっと自由に! 誰もが楽しめるものに!

ダンスは、誰だって楽しむことができる。 でも、このSync-pulseの“振動”という新しい手段が、ダンスをより楽しむための新たなツールとなっていくかもしれない。
そうすれば、より多くの人にとってダンスはもっと身近なものになるだろう。
誰もがもっと自由に楽しみ、表現し、そしてそれをみんなで一緒に楽しむことができるものに。Sync-pulseがきっと届けてくれるであろうそんな未来を心待ちにしている。

 

「Sync–pulse 振動で踊ってみた」プロジェクト
企画:渡邊淳司 (NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
ダンサー:鹿子澤拳
プロジェクト・インタープリター:和田夏実
触覚デザイナー:鈴木理絵子
触覚制作ディレクター:鈴木泰博 (名古屋大学 情報学部)
ウェラブル技術協力:吉田知史 (of Sheep inc.)
運営協力:野口綾子
非可聴音通信技術協力:エヴィクサー株式会社
システム開発協力:株式会社カタリナ

 

RANKING

  • ALL
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GROUP STUDIO

DANCE WORKS
REi
ANGEL R