EVENT

記事「『DAIFUKU』Vol.3 Mixture が大盛況の中終演!!」の画像

『DAIFUKU』Vol.3 Mixture が大盛況の中終演!!

新感覚の刺激溢れるバレエ舞台『DAIFUKU』

2018年3月3、4日にTHE HALL YOKOHAMAで、バレエダンサー大和雅美と福田圭吾による新感覚ライブバレエエンターテインメント『DAIFUKU』Vol.3 Mixtureの公演が開催され、大盛況の中幕を閉じた。
日本のバレエ団の垣根を超えて集まったトップダンサー、素晴らしい三名のミュージシャン、そしてバレエダンサーたちによって作られた“Mixture”という舞台。まさしく、他では見られない刺激溢れる舞台となった!

公演は、お客様との距離が近くダンサーの息遣いや細やかな表情、ジャンプすればその振動すら伝わる空間“THE HALL YOKOHAMA”で行われ、演者達のエネルギーはダイレクトにお客様へと届けられた。
更に、音楽はミュージシャンによる生演奏! しかも、ミュージシャンもダンサーと同じ舞台上に乗り、彼らが演奏する姿、それぞれの楽器が奏でる色彩豊かな音を、目でも耳でも楽しむことができた。ダンサーと共に観客を巻き込むその音のダイナミズムは、存分に観客を魅了したに違いない!

ダイレクトに伝わるエネルギー。そのエネルギーの中に身を浸し、味わうダンスと音楽。
他にはないこの舞台は、演者と客席の垣根がない“THE HALL YOKOHAMA”だからこそ、そして新たなバレエエンターテインメントを作り上げていく『DAIFUKU』だからこそ生まれた醍醐味であり、魅力だ。

もちろん、“Mixture”はの魅力はそれだけにとどまらない。
音楽性溢れる、洗練された心弾むバレエナンバーと、バッハ、ラヴェル、ストラヴィンスキー、ガーシュウィンというコンポーサーの名曲が組み合わされ、いわゆるバレエ作品とはひと味違う、大人がジャズ音楽でも聴きに行くかのように気軽にバレエを見て、感じて、楽しめる。それでいてハイセンスな内容。

かといってお高く止まる訳でもなく、遊び心とアドリブたっぷりのミュージシャンたちの演奏も、一層観客を引き込み、一緒に思わず手拍子をしてしまう。そんな温かな空間で巻き起こる音楽とダンサーたちの競演を、その場にいる全員が共に楽しみ味わい尽くすかのように、あっという間に時間が過ぎ去った。
 
「もう一度見たい」
自然とそんな想いが胸に浮かぶ、誰もが純粋に楽しめた舞台だったのではないだろうか。

常に新しい表現に挑戦し、バレエをもっと自由に、身近なものとして楽しむことを目指して進化をし続けている『DAIFUKU』。今年の11月には早くもVol.4として、Vol.1で上演した360°全方向型バレエ「360°Nutcracker」を、同じTHE HALL YOKOHAMAで新曲も加えバージョンアップしての開催が決定している。

Vol.4に出演するダンサーのオーディションも行われ、ますます進化した『DAIFUKU』の姿が見られそうだ!

 

『DAIFUKU』Vol.3 Mixture オフィシャルページはこちら
『DAIFUKU』Vol.4 360°Nutcracker オーディション特集記事はこちら

 

魅力溢れる “Mixture”舞台写真を特別公開!!

20180303_001

20180303_002  

20180303_003

20180303_004

20180303_005

20180303_006

20180303_007

20180303_008

20180303_009

20180303_010

20180303_011

20180303_012

20180303_013 

photo:松橋晶子(Shoko Matsuhashi)


『DAIFUKU』演出・振付 
大和雅美のレッスンはこちら

RANKING

  • ALL
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GROUP STUDIO

DANCE WORKS
REi
ANGEL R