EVENT

記事「新国立劇場バレエ団 福田紘也、井澤駿、奥田花純が挑む!fukudance Vol.1 “Nosuferatu-ノスフェラトゥ–”」の画像

新国立劇場バレエ団 福田紘也、井澤駿、奥田花純が挑む!fukudance Vol.1 “Nosuferatu-ノスフェラトゥ–”

新国立劇場バレエ団ダンサーが、本拠地・新国立劇場から横浜を代表するアートスペースBankART Studio NYKに場所を移し、3日間限定のパフォーマンスを上演!

新国立劇場バレエ団のファースト・アーティストである福田紘也が演出・振り付けを行い、プリンシパルの伊澤駿、ソリストの奥田花純、そして福田自身も出演する。


井澤駿|
2014年新国立劇場バレエ団にソリストとして入団し、12月の『シンデレラ』で全幕主役デビューを果たした。その後も、プティ『こうもり』、ダレル『ホフマン物語』、『くるみ割り人形』『ドン・キホーテ』などでの主演も好評を博している。中村恩恵「ベートーヴェン・ソナタ」などコンテンポラリー作品でも存在感を示す。2017/2018シーズンよりプリンンシパルに昇格。

奥田花純|2010年に新国立劇場バレエ団に入団。アシュトン『シンデレラ』秋の精、サープ『イン・ジ・アッパー・ルーム』などを踊り、14年『パゴダの王子』さくら姫役で主役デビューを果たす。14年 ソリストに昇格。16年『アラジン』主演も好評を博した。

福田紘也|幼少期よりバレエとコンテンポラリーを始める。2012年に新国立劇場バレエ団に入団、古典作品に出演しながら金森穣「Solo for 2」、中村恩恵「ベートヴェン・ソナタ」などコンテンポラリー作品にて主要な役を踊る。また振付家育成プロジェクトを通じ、新国立劇場にて作品を発表する。

一流バレエダンサーである3人が、「Nosferatu-ノスフェラトゥ–(吸血系)」という題材を用い、どんな世界を魅せるのか?

 

fukudance Vol.1 “Nosuferatu -ノスフェラトゥ-“
「三角関係の誰かが不死だったら??」

【日時】
10/13[金]19:30、10/14[土]19:30、10/15[日]13:30  ※開場は開演の30分前 料金=2,000円
公開制作:10/11[水]~15[日](10/12[木]休)

【会場】
BankART Studio NYK 1階 Kawamata Hall

【出演】
井澤駿、奥田花純、福田紘也

【演出・映像・振付】
福田紘也

【チケット】
2,000円
※上記に加え、BankART LifeVパスポートが必要です。
公演をご覧になられる方で当日パスポートをお持ちでない方は、BankART LifeVパスポートを500円(500円割引)でご購入いただけます。

fukudance_ページ_1fukudance_ページ_2

GROUP STUDIO

DANCE WORKS
REi
ANGEL R